« 親指が… | トップページ | タンポポコーヒーいかが »

2010年3月16日 (火)

くび、くび~

姉の二人の子供は、人の首を触るのが大好き。

それも赤ちゃんの頃からで、

”眠いよ~。もうすぐ寝るよ~”の合図だった。

赤ちゃんの時だけかと思っていたら

幼稚園、小学校にいくようになっても

寄り添っていると、首を触りにくる。

甘えられてるみたいで嬉しいのだけれど、冬場はゾクゾクする。

そんな首。

私の首は、後ろへよく曲がる。(うなずく動きの反対の動き)

後頭部が背中に付いてしまう。

以前はこの動きや刺激が好きで、ふざけて何度もやってみせた。

見て見て~~と。

最近はあまりやりすぎるのは良くない気がして控えている。(たまにするけど)

そしてヨガの時、この首がまさにネックとなる。

特に上を見上げる動き、後屈した時、

頭を支えるのがとても辛いのです。

頭を行き着く背中まで倒すと楽チンなんだけど、

そうすると肩がガチガチに力んで、首のチカラは全く働かなくなっている。

かといって、上を見上げて頭を保つと、首の前側がピキピキ突っ張って辛い。

ヨガを始めた頃は、この首が苦しいし、頭をどうしたらいいのか…置き場所がわからなかった。

けれど、クリパルを学ぶ中で

私がワタシの首の快適な場所を探ればそれでいいのだと思えた。

人それぞれ違うから。

ワタシの首のアーチを快適に保つことの出来る場所。

行き過ぎず、緩み過ぎない所。

行き過ぎたら戻り、また少し進めてみたりして。

首、そこだけを見るのではなく、何度も土台を安定させて

その土台から拡がるエネルギーを首へ、その先へと伝えていく。

自分だけの場所を探る。

これがベストだというところを見つけても、次の日は見つからないかもしれないし、また次の日は違う感覚が現れるかもしれない。

なかなかいい場所が見つからない時は、

諦めて終えてしまったりもする。

誰か教えてくれたら楽なのにと思うこともある。

けれど、

ここ!と自分で思えた時は、

いつも頑張ってるのが可笑しく思えるくらい

とても静かで安らいでいられる。

そんな場所は必ずある。

自分の体が教えてくれる。

それを探るのに、心が邪魔をすることが沢山あるけれど。

後屈は、とても苦しく辛いものではなく

前面が開かれ、とっても晴れ晴れとするポーズなのだと最近になって気づいた。

以前にはほとんどすることがなかったこのポーズ

ウシュトラアーサナDscn3054_2

まだまだ探りながらだけど、好きになってきた。

|

« 親指が… | トップページ | タンポポコーヒーいかが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/33798935

この記事へのトラックバック一覧です: くび、くび~:

« 親指が… | トップページ | タンポポコーヒーいかが »