« Upavistha Konasana | トップページ | 言葉 »

2010年4月 2日 (金)

友達

今週、高校時代の友達に会った。

友達の家に集まって、みんな子供を連れてくる。

20代前半で出産した友達の子供は今年中学一年生!

いやぁ~大きくなったね~

学生時代の友達とは、年に1回会えたり会えなかったり、

数年会っていない友達もいる。

会う度「久しぶり~」から始まって

その次は、

「久しぶりやのに、久しぶりに感じへんなぁ~」と続く。

そして、山のように話したいことがあるけれど

その内のいくらかだけ、しかもあまりどうでもいいような話で盛り上がってしまう。

あっという間に半日は過ぎ

「また~」と言って帰る。もっと色んな話がしたかったなと思いながら。

私の一番古い友達は、小学2年生からの付き合い。

今は遠くに住んでいて、すぐに会うことはできない。

だからと言ってマメに連絡するわけでもなく。

彼女が日本に帰ってきた時は会いに行く。

去年初めて彼女の住む所まで訪ねていった。

昔から変わらない彼女は、よく動き、よくしゃべる。

とても賢くて、とても優しくて、あったかい。

頑張り屋さん。

時に疲れて、でもまた進んでいく人だ。

時間があると、彼女と私は足や頭、肩と大好きな強めのマッサージをし合う。

二人で喜んでいる。Dscn2689

そんな私達を見ながら、彼女の旦那さまは飽きれているに違いない。

すぐ近くにいる友達、遠くにいる友達、

そんな色んな友達がいるから

私は「1人が好き」と言えるんだと思う 。

本当に1人なら、きっと寂しくて心細くて仕方ない。

ずっと一緒にいなくても繋がっている存在があるのだと

そう思える人がいることはとてもあたたかいconfident

Dscn2696_2

|

« Upavistha Konasana | トップページ | 言葉 »

コメント

山ちゃん

ありがとうございます。
大切な人や物、それらと出会うことはなんとも幸せな気持ちになりますね。
でも出会うという事は、それとの別れもあるということですね。
それが自然の摂理なのだということをそれほど考えたことがなかった。
けれど、ヨガやヴィパッサナー瞑想に出会って、それが自然なのだということを体験から学びました。頭ではそうなのだと思えるように、受け入れられるようになった気でいます。
けれども、実際に自分にとって大きなものとの別れが訪れた時に、私はどうしているでしょうか。
その為にも、ヨガやヴィパッサナーが私と共にある気がしています。

投稿: iri | 2010年4月 5日 (月) 20時08分

入江先生 友達大事にしてください 近く日本に帰ってくる友達 先生と何でも話し会える友達と思います 多分一生涯よき友達でいると思います。
私の親友 遠く 遠くに行ってしまったから 幼稚園からの付き合いで 会社も同じで何でも話し会える中で 時には喧嘩もし励まし合い 泣いたり 笑ったりしたなかなので 今いないから ポッカリと大きな穴があいて ふさぐことのできない穴 できたらお金で買えるなら買いたい ゴルフ友達いても何でも話す友達いないから 寂しいです でも友人のぶんまで頑張って歩んでいかないと駄目だと思っています。 いつか会うこと信じて なんか悲しい話しになってすみませんgolf

投稿: 山ちゃん | 2010年4月 4日 (日) 20時07分

わぉ!
一緒に会いに行くpaper

投稿: iri | 2010年4月 3日 (土) 00時14分

よく動き、よくしゃべる彼女は近々帰ってくるとか。。。
何の用事か忘れたけど、帰ってきたら一緒に会いに行こう(◎´∀`)ノ

投稿: | 2010年4月 2日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/34041881

この記事へのトラックバック一覧です: 友達:

« Upavistha Konasana | トップページ | 言葉 »