« 関西クリパルティーチャー | トップページ | 諦めるしかない »

2010年4月27日 (火)

クリップ

みどり色したキティのクリップ。

それは大きくてどっしりとしている。

それは、一番上の姉の物。

姉の引き出しを覗くと、いつもそのクリップに何かが挟まれていた。

大きいし、その引き出しの中でも存在感があった。

…それは昔の話で、

今は私の引き出しの中にそのクリップがある。

やっぱり、色んな紙を挟んでワタシの引き出しの中に。

子供の頃、姉の持ち物がとても気になって

あれちょーだい、これちょーだい、

と言っていた。

キティのクリップもその1つ。

でも、帰ってくる返事は「いや」「絶対いや」

くれた物も色々あったはずだけど、

とても欲しい物が手に入らなかった事はよく覚えている。

そして私も20代。

いつか忘れてしまったけれど、ある時

これ、いる?と姉。

えーーーーっ!いいの??

それは、キティのクリップ。

私がそれを欲しかったのは、勿論もっともっと小さい頃の話。

そうなんだけど、姉の言葉にびっくりした。

あの、どーしてもくれなかったキティを?

いいの?

姉はそんな私に驚いている。

何をそんな大袈裟にとでも言うように。

だって、私がいくら言ってもくれなかったやん。

そう~~?

姉は忘れているのか、とぼけているのか解らない。

でも、ちゃんといただきました、キティを。

今も私の引き出しにあることが、ちょっと変な感じもするのですが。

きっと、この先もずっとずっと持っている。

姉はこんなワタシに気づいていないだろうな。

笑うだろうな~

|

« 関西クリパルティーチャー | トップページ | 諦めるしかない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/34411841

この記事へのトラックバック一覧です: クリップ:

« 関西クリパルティーチャー | トップページ | 諦めるしかない »