« yogaしてきました | トップページ | 『YOGA JOURNAL』 »

2010年5月21日 (金)

時差

Dscn3156 昨年N.Y.に行った時に「時差ボケ」がどんなものなのか

強烈に体験してきました。

それは1週間ほど続く、とてもしんどい体験でして…

ニューヨークとの時差は13時間。

朝と夜の大逆転です。

夜は眠れなくて、朝方眠くなる。

けれど、体の思うままにしておけば、時差から抜けられません。

眠い体を起こして活動するのです。

今回、N.Y.へ行く時も、

この時差ボケだけを恐れていました。

でも大丈夫?だったみたいです。

1つのベッドに姉と私が。

そしてその間に、11ヶ月のベイビーが寝ます。

ベイビーは夜中に何度も目覚めるので、

私も目覚めます。

起きて寝て、また起きて…これが続くと

寝られたのか、寝られなかったのか解らなくなります。

そして、ベイビーは早朝ごきげんで目覚めます。

それに合わせて行動していると、

時差ボケがあったのか?なかったのか?

なんだか疲れが取れないような気もするけれど、

寝られない!と思って苦しむこともなく。

不思議な時差ボケ解消法でした。

しかし、世の中のお母さんは大変だな~

そして、日本へ。

帰りのフライトで寝ないようにすると、

夜9時に帰宅した私は、そのままズブズブと

ベットに沈み込むように寝てしまいます。

これで時差ボケの辛さから逃れられるはずなのです~

ですが、今早朝2時にブログに向かうワタシ。

なんだか頭も痛い…

ワタシの体は今大変な時なんです。

がんばってくれています。

|

« yogaしてきました | トップページ | 『YOGA JOURNAL』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/34797354

この記事へのトラックバック一覧です: 時差:

« yogaしてきました | トップページ | 『YOGA JOURNAL』 »