« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

マイケルの日

マイケル・ジャクソンの映画の再上映が終わりに近づいていることに気づいた。

「THIS IS IT」

再上映されることを知って、とても嬉しく、

観に行こうと決めていた。

マイケル・ジャクソンが好きだったというわけではないのだけれど、あんなに騒がれていた彼のことを私はほとんど知らなくて、きっとすごい人なんだろうけど、何がそんなにすごいのか知りたくなった。

もうひとつ「マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔」

これはプライベート映像を中心としたドキュメンタリー作品。

これも間もなく終了と知り、どうせならと2本観ることにした。

先に、マイケルの素顔。次にTHIS IS。

この順番も良かったのか、とにかく映画館で観てよかった。

2つ目に関しては、映画館がコンサート会場の様に感じられる。

立ち上がって拍手したり、一緒に踊りたくなった。実際、私の両足は椅子の下でずっとリズムを踏んでいた。

彼の存在に、ただ見惚れてしまう。

彼の愛が言葉から、体から伝わる。その愛を感じる周りの人達が、マイケルの魔法にかかったように幸せそうで、心から楽しんでいる。そう、マイケル1人を観て楽しかったのではなく、そこにある大きな愛に感動させられたんだわ。あの輪の中に入りたい!

一日にして、マイケルファンになった。

もう一度観に行きたいくらい。

また明日観てもいいくらい。

かなり出遅れて感動しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

裏側に

ジャジャーン!突然ですが、

7月TOKYOYOGA大阪のチラシの裏”今月のヨガ”に

クリパルヨガ~あるがままのヨガ~

と題して、ワタシのコラムが載っています。

まだまだ知られていないクリパルを知るきっかけになれば嬉しいです。

私のクリパルヨガ体験を是非読んでみてください。

どんな風に伝わるのか?楽しみです。

TYGさん、ありがとうconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ふと思う

意識して笑顔を作ろうと思うとやっぱりぎこちない。

カメラに向かって笑って~なんて言われると顔がひきつってぴくぴくする。

楽しい時、優しい気持ちがあふれる時、

自然と顔がゆるんでいる。

面白く、たまらなく愉快な時は、ガハハハと大きな口を開けて笑っている。

いちいち笑った顔を鏡でチェックしたりはしないけど、

きっとそんな時の顔は気持ち良さそうなんだろう。

いつも笑っている、そんなイメージの人もいれば、

あまり笑わない、そんなイメージの人もいる。

いつもニコニコしている人は○、

そうでない人は×…そんなことはない。

私は、いつもまじめそうな顔をしている人や、

もしかしたら照れ屋さん?な人や、

どんなこと考えてるんだろう?と思わせるような人、

そんな人達が、ニッと笑うその瞬間がたまらなく嬉しく。好き。

この人、こんな風に笑うんだ!

いつもある笑顔は安心するし、周りも明るくしてくれるけれど、

無理して笑顔を作っても、きっとそのつくり笑顔はバレテルはずで。

自分が無理をしていると、安心させたい目の前の人までこわばらせる。

目の前の人を安心させたくて、心を解いてもらいたくて、

がんばって笑顔を作らなくても大丈夫。

そのままがいい。

そのままのあなたが、ふと見せてくれる笑顔が一番!

私はそんなズルイくらいイイ笑顔が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

7月のヨガクラス

7月は新しいクラスが2つ加わっています。

時間の変更もありますので、じっくりご覧下さい。

雨の日がつづきますが、体調崩されないように…snail

  

《 神戸 》

   

ゴルフギアサージ西神戸店 西区

4F ミーティングルーム

(前日までに予約が無い場合、クラスは休講となります。当日ご参加の方は、お電話でご確認くださいませ。)

 クリパルヨガ 75分

 ・毎週土曜 10:15~11:30

 ・毎週木曜 18:00~19:15

  *1レッスン 1,575円

  *6回チケット 7,875円(3ヶ月有効)

  

NEW 

SETRE 舞子

 クリパルヨガ(ホット) 60分

 ・毎週水曜 10:30~11:30

  

《 姫路 》

  

コンシャス  

 ハタヨガ(ホット) 60分 

 ・毎週火曜 10:30~11:30

  

《 大阪 》

  

TOKYOYOGA大阪 江坂

 クリパルヨガ 75分

 ・毎週日曜 12:15~13:30 

 *7/4(日)のみ12:15~13:45

   特別クラス 90分

  『はじめてのクリパルヨガ~あるがままのヨガ』

 NEW

 ・毎週水曜 19:00~20:15(7・8月限定)

   

ヴィオラトリコロール 本町 

 クリパルヨガ 90分

 7/18(日) 15:30~17:00

 

どうぞよろしくお願いいたします 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

キャンドルナイトヨガ

夏至の日の夜。

西神戸『キャンドルナイトヨガ』に参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

最後、ろうそくの灯りを消していくのがもったいなかったです。

ろうそくの灯りと共にいると、

ゆったりした気分になって、

目の前にいる人と、とても打ち解けて話ができる気がします。

話を聞いて欲しくなったり、

なんでも話せるような、なんでも話していいような、

そんな気分になります。

目の前のものがくっきりではなく、ぼんやりと見えていて、

それが柔らかく感じるから、優しく感じるからなのでしょうか。

そして、クラスの終わり、いつも来てくださる方から手作りのキャンドルをいただきました。

貝殻の中にロウを流し込んで作られたそう。

物づくりが大好きな方です。

赤いロウの入った白い貝殻。

それ1つでは立っていられないから、

もう1つの貝が支えになって下に存在しています。

2つの貝で1つのキャンドル。Dscn3283

じーーっと眺めていたら、その貝がハートに見えてきて…

気のせいじゃなく、これハート!

写真を撮ってみたら、周りに広がる光と影がハート!Dscn3295

ハートだぁ~Dscn3282

1人で盛り上がり、幸せな気分を味わった夜でした confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

明日

キャンドルナイトヨガ!

数名の方が予約してくださっています。

18:00スタートなので、

まだ予約してない方も

当日のご参加お待ちしています。

ヨガが初めての方も是非いらしてください。

いつもと違った夜の過ごし方、楽しみましょうconfident

今日の19:30の空からすると、

明日のこの時間も程よい暗さで…きっといい感じ。

明日、スターバックスでも

”Delight in the Night 

~電気を消して、いつもとちがうひとときを。”

ですって。

店舗によって違うようですが、

色んな所でいつもより少し暗い夜を、

夜らしい夜を感じる時間になりそうですよ。

みなさん、素敵な一日をmoon3

そう!もうワタシは”困っていません”

ヨガ友達が1箱、また1箱、ティーライトキャンドルを必要としてくれました。

ありがとう&お騒がせしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

困ってます

使う予定があって、お得な100個入を買いました。

100個入り×10箱 ……

今日届いたのですが、あまりにも場所を取るし、

こんなに沢山いつ使い終わるんだ??

そんな思いから、ブログに載せました。

買う前によく考えなさいよって話なんですけど。

ティーライトキャンドル100個入 550円flair

Dscn3281_2

とてもお買い得ですが、必要な方いらっしゃいませんか~

私が持っていける範囲に住んでいらっしゃる方

私と会う予定のある方限定ですが、

いかが?

欲しかったのよ。

よく使うのよ。

そんな方は、コメントに一言どうぞconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいクラス

ヨガクラスが2つ増えることになりまして、

7月から始まるので、そのお知らせを。

  

① SETRE 

神戸市舞子のセトレをご存知ですか?

私は友人の結婚式で2回行ったことがあります。

チャペルの正面がガラス張りで、明石海峡大橋が目の前に見えて、素敵な所。

そこにはエステ&スパもあるんですね。

姫路クラスの繋がりで、こちらの岩温癒であったかヨガをさせていただきます。

あったかヨガ…今勝手に言いましたが、ホットヨガです。

ホットヨガと言うとハードに聞こえますが、私はあったかいくらいが好きです。

毎週水曜日 10:30~11:30 60分

こちらでクリパルヨガを担当します。

ホットでクリパルは初めてなので楽しみ。

機会があればいらしてください。

  

② いつものTOKYOYOGA大阪

毎週日曜日にクリパルヨガを担当している場所。

7月からはこの日曜日に加えて、

水曜日 19:00~20:15 75分

この時間にもクリパルヨガをさせていただきます。

日曜日は予定があるけど、平日なら!

そんな皆さん、お待ちしています。

7月8月のみ限定です。

今まではお昼のスタジオでしたが、

夜のスタジオ…

雰囲気があってまた楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

ブーム

お昼にはホットケーキ。

最近またこんなブームがワタシに訪れています。

もらったホットケーキの粉には、

ツブツブした穀物が入っていて美味しい。

バナナを少々のお水で炒めて、ジャムみたいにして、

シナモンをたっぷりかけるのがナンバーワン。

この前は、そこにキウィを入れて炒めてみたけど、

バナナが甘いから、キウィがすっぱく感じ過ぎて苦手だった。

そして今日は、ナチュラルピーナッツバターをのせてみた。

クランチタイプで甘みのない濃いピーナッツバター。

これがホットケーキの熱さに溶けて広がっていく、それがとっても美味しい。

1枚目は少し小さかったしね…なんて言いながら、

2枚目も焼いて食べた。

実は、ホットケーキ作りにもう1つの楽しみがあって。

フライパンにのせる前の、あの生の生地が美味しい。

…言ってしまった。

子供の頃に、ペロッと舐めて妙な美味しさを知ってしまったのです。

「生を食べたらお腹が痛くなるよ!」と言われて、

そうなんだ、痛くなるんだ…と思って食べるの止めたけど、

食べて痛くなったことないよなぁ…と思ってからは

ついついヘラに付いた生地を食べてしまうのでした。

ナッツは食べ過ぎると鼻血が出るよ!も、

すんごい食べたことあるけど、鼻血は出なかった。

でも、そんな言葉は信じた方がいい。と思う。

Dscn3278                              2010.10.18 また食べたましたcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

yoga

やってみたいアサナがあって、

それが出来ないと出来るようになりたいと思う。

そんなチャレンジはとても楽しい。

でも、そればかり意地になって練習しようとしても

毎日同じに思えて、進歩がないように思えて、

それが楽しくなくなることもある。

土台を安定させて、とてもシンプルなアサナを練習し、

とてもシンプルすぎて面白くないと思えるようなアサナを練習し、

自分の真ん中を強くする。

そうしていると、その出来ないでいたアサナに少しずつ近づいていく。

出来ないアサナにこだわって練習し続けるよりも、

そっと手放した時から、

その瞬間はふと訪れる。

ただカタチを作るのがアサナではなく、

アサナの中で、とても安定して呼吸やエネルギーが流れるのを感じる。

柔らかい空気が自分の周りに漂っているような感じ。

どこにも力みがなく、心地よく、ずっとそのままでいられそうな感覚。

そんなアサナを体験するのは、見た目にとても難しそうなものだけではない。

とてもシンプルなものでいい。

まずはそこから始めてみて、

その小さな力は、次第に大きくなっているから大丈夫。

その力に気づいた時、出会えた時、

マットの上の力が、マットの外にも流れているはず。

今日、ワタシにとって困難なアサナが

とても静かで、強く、安定して感じられた。

ピタッとマットに張り付く土台の上に、何の困難もなくカラダがある。

明日や明後日は、また違っているのだけれど。

小さな力がワタシの真ん中に集まっている。

そんな時、どんなアサナもきっとできるんだと思ってしまう。

ひょいと足が床を蹴る勇気とその小さな力の集まりで、

きっとなんでもできるんだ。

そんな想いは、マットの外にも流れていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

クラス

木曜日のクラスも、日曜日のクラスも、

火曜日のクラスも、よかった…

私がすごく上手なクラスを作り上げた満足感ではなく。

クラス内容に課題は沢山ある。

ただ、そこにいられたと思えたからよかった。

クラスの録音を聞いて、

今にいられないワタシを感じたから

もっと今ココにいられるようにと思って。

自信がない時の声や、ごまかすような声、

今目の前で起きていることに対してとても遠い言葉、

もっと今に意識を向ければ、そんな言葉じゃないんじゃないか?

クラスの組み立てよりも、もっと大事な所はそこ。

みんながいい時間を過ごせたと感じる時は、きっとみんなが今の自分と共にいられる体験をした時。

ワタシがいいと思えた時間は、ワタシがみんなの今と共にいられた時。

今のワタシ以上にはなれないし、

そうする必要もないし、

今のワタシが出来ることを伝えるしかない。

今の自分に気づいて、受け入れて、

そこからしか何も始まらないんだな~

録音してよかったな~

今ここを体験することに、はじめはドキドキするけれど、もうその流れに乗ってしまえば、それはとても心地いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

スローな夜に

来週の月曜日は、『夏至』。

夏至と冬至の日の2時間、電気の灯りを消してみませんか?

そんな「100万人のキャンドルナイト」はかなり浸透してきましたね。

キャンドルに火を灯して過ごす時間は、

また違った空間を作り出してくれます。

そんな時間を過ごしている人が、世界にどのくらいいるのかわからないけれど、

それらの光が、世界に少しずつ拡がっているのかもしれないと想像すると、

それだけ人のやさしさが拡がっているみたいで、いいな。

地球を上から眺めて、キャンドルの光だけが輝いて見えるなら、いいな。

「ろうそく」で思い出すのは、

子供の頃、台風がきてよく停電になったこと。

停電にならなくても、

雷が鳴ると、必ず電気を消さないといけないのが我が家のルール。

我が家のと言うか、おじいちゃんのルール。

いつもろうそくが準備されていた。

風で窓が揺れる音、叩きつける雨の音、

近づいてくる雷、

薄暗い部屋に漂ういろんな物が、

その時の私をワクワクさせた。

6月20日(月)夏至 18:00~19:30

キャンドルナイトヨガ 90分 西神戸で行います。

まだ明るい時間からだんだんと暗くなっていくその部屋の中で

キャンドルの光に癒されながら、ヨガ。

とってもスローな夜はいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

ミカンの木

すっかり忘れていたけれど…

姪&甥が私の部屋にある植物の前に立って笑っていた日のこと。

二人が食べた冬みかんの種を、その植物の隣に埋めたらしい。

どれくらい埋めたの?

いーぱい!キャハハハ~

笑っている。(イシシシシッ、ヤッターみたいに)

子供って面白いことをする。

それから数日、私はそのタネの為に水遣りをしている感じだったけれど、

最近すっかり忘れていた。

そしたら、あれ??

かなりのお年で、ちょっと元気のなさそうなコーヒーの木の隣に、青々とした濃い緑の芽が出ている。

これは雑草じゃない!

ミカンだ~

二人とも忘れてるだろうな~

なんて言うかな?

びっくりするかな?

喜ぶ?

意外と「へぇー」で終わるかな?

ちょっと楽しみ。

でも…これをどうすれば…いいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

鼓膜

思い出したear

中学生の時、よく滲出性中耳炎を繰り返していました。

小さな子供によくなる様なんですが、

鼻風邪の治りが悪くて、鼓膜の内側に膿が溜まるのです。

耳の聞こえが悪くなったり、ひどくなるととても痛い。

それがひどくなって、鼓膜に穴を開けて膿を出しましょうということになりました。

耳になにやら液体を入れて、そこに電気を通して麻酔をしたんだったかな?

そして、先生がブスッと鼓膜を何かで突き刺す。

この瞬間は、ドキッとします。鈍く痛い。

その後、掃除機みたいなものでズズズーーーッと膿を吸い出します。

ほらね、こんなに溜まってたよと、見せてくれます。

耳の中を掃除してもらえてとてもすっきりするのです。

その後がびっくり、

周りの音がどれも軽快なんです。

カラカラカラ…チリリリリン…

ドアを開ける音、閉める音、自転車のベルの音、

もう何もかもが高音でできている。

音に重さが1つもなくて、すべてが気持ちよさそうに音を出す。

ずっとその音を聞いていたいと思ったな。

それからも何度か耳の調子が悪くなって

「鼓膜切開します」と言われた。

その度に、やったー!と心の中で思い、

それでもあの軽快な音は二度と聞けなかった。

最初で最後の音だった。

私の耳を通して聞こえてくる音は、ワタシだけの音なんだな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

録音

最近、初めて自分のヨガクラスを録音してみた。

これは、私が最も避けて通りたかった所。

でも、今はこれだ!と思ったからやってみた。

むかーし、テープに録音された自分の声を聞いて愕然としたことがある。

自分の声じゃないみたいで、なんだか気持ち悪い…

とても聞いていられなくて、それから極力自分の声をそうやって聞くことがないようにしてきた。

ビデオを撮る時も、私は黙って撮る。声が入ってしまわないように。

ちょっと空気の抜けたような、

シャキッとしない声が好きじゃないんです。

ヨガのインストラクターを始めた頃、

自分のクラスを録音するのは、とても勉強になるよと言われた。

そうですね…。

なんていいながら、全く録音する気もなく聞き流した。

自分のクラスを聞く&その声を聞くなんて…。

でも、最近のワタシはスランプ。

なんでスランプになっているのか?

なぜ受け入れられないのか?

受け入れているつもりでも、実はそうではない?

声!私が受け入れられないその声を聞いてみたら?

その声を使ってクラスしてるんだから!

なんで早く気づかなかったの~とばかり、

1人でものすごく盛り上がって、翌日にはICレコーダーを購入した。(ワタシらしい~)

好きと言えない自分の声が、意外とイイかもしれないしね…

なんだ私の思い過ごし!なんていい具合に解決するかもしれないしね…

いやいや、思ってる以上にひどい現実だったりして…

考えたり、考えないようにしたり、私の心は忙しい。

そして録音したクラスを、イヤホンから数分だけ聞いてみた。

声がいいとか悪いとか、そんなことじゃなく、

声の使い方、言葉の使い方、伝え方、ワタシの癖、

いろんな所に気づく。

自分のクラスを聞くことは、思ったよりもディープな作業で、

だから少しずつしか聞くことが出来ない。

少し聞いたらまた停止。

また次の日に再生。

また停止して、今度はゆっくりお茶でも飲みながら。

録音しようという気になって、そうした時点で、

ワタシは声を受け入れたんだわ。

その先には、ワタシのクラスを知る今がある。

そしてワタシは少し柔らかくなったでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

続・勇気?

随分前に書いたブログ

長くなるからまたにしようと言って

まだ書いていないことがあった。

急に書きたくなったので、書こう。

去年、セドナへ行った。

それはニューヨークからすぐ日本へ帰ってしまうのが勿体無くて。

どこかに寄り道したくて…そこへ行くことに決めた。

行ってみて思ったけれど、セドナは私がいつかTVで見た、私をそこへ行ってみたいと思わせた場所ではなかった。赤い岩はあるけれど、私が見たのはセドナではない。

行く前から、違うかもしれないと思っていたけれど、それでもセドナに行ってみたくなっていた。

ニューヨークには色んなものがあり、無い物がないような場所で。

そんな場所にいると、不思議と物欲が湧いてくる。

物だけでなく、あそこに行きたい、こっちにも行きたい、もっともっとという具合に。

そんな自分が可笑しく思えるくらい、セドナでは物欲が沸かない。

自分がそこに立っていられることが、なんとも幸せで、

ここにいられるだけで充分だと思えた。

息を吸って、そこにいられる喜びは、

自分の内側がとても静かで波立つことがない。

あれもこれもと駆け回っていた私の内側は、それは楽しくて仕方ないのだけれど、手に入るものもあれば手に入らないものがあるし、もっと欲しいもっと楽しみたい思いは、新しく生まれ続けて行き着くところがない。終わりなく忙しい。

だから、とても静かな内側が、とても心地よかった。

そんなセドナでの最終日。

人が少ない早朝、あるレッドロックへ登りに行った。

入口付近で、たまたま前日に見掛けた日本人グループと出会う。

お1人ですか?

え~っ、大丈夫ですか?

…お気をつけて。

そんな言葉を掛けられて見上げる先は、確かにものすごく急な上りのレッドロック。私とその帰っていくグループ以外には…誰もいない。

本で読んでいたけれど、大変だと書いていたけれど、人が登れるんだから私だって出来るはず。なんの不安もなく決めたことが、無謀だったのか?1人は危険なのか?一気に不安になる。

一番上まで行けたとしても、降りる時はどうすればいいんだろう…

私は斜面が苦手。急な下りが苦手。滑ることがとても怖い。となると、帰りが気になって、これまた進んでいくことを不安にさせる。

とにかく、ひたすら上を目指そう。降りる時はまたその時だ。なんとかなる。レッドロックが見守ってくれる!そう思い込む。

そして、行き着いたその先には、今まで見たこともない景色が広がっていた。降りる不安は私の心の隅にずっといるけど。

誰の声も聞こえないそのてっぺんで、ゴロンと寝転んだ。

きっと誰か来るはず。そしたら降りていってみよう。

誰もまだいないかもしれない早朝を狙ってきた私は、その場所で誰かが来るのを待っている。こんな広い場所で1人きりでいることが、気持ちよくも、また心細くもある。

いくつかの声が小さく聞こえてきた。

来た来た…。

そのてっぺんから1つ下の場所へ降りてみる。

毎日の散歩にこのレッドロックを訪れるという、とっても優しそうなおじさんがやって来た。セドナが大好きになって移り住んだらしい。

解ったり解らなかったりする英語で話しながら、私は降りるのがとても怖いと言ってみた。

おじさんは、何が?とでも言いたげに、ちっとも怖くないと言った。自分は毎日ここに来てるんだから、いい道が解っている。その通りに行けば怖くないよと。そして、一緒に降りてあげると言ってくれた。

あなたは私のことを待ってたんでしょ?と言って笑っていた。

まだ登ってもいない所で帰りのことを不安に思い、でも大丈夫だと上までやって来た。行くと決めてからはどんどん足が前に出ていくだけだった。そして、不安な下りには私と一緒に降りてくれる人がいる。1人ではきっとそんな簡単ではなかったはずの下り。誰かがこうして助けてくれるなんて考えもしなかった下り。

以前に「勇気」を書いていたら、そんなレッドロックでの出来事を思い出した。

苦しい時に踏み出す1歩は心細いものだけれど、その1歩の所に、くよくよしていた時には想像もつかなかった新しい世界が広がっていることがある。~「ことばの雫」星野富弘~

そんな日のことを、ずっと覚えていたいconfidentDscn2815

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

少しずつ広がる

私がクリパルヨガのクラスを始めたのは去年の末。

それから半年が過ぎようとしている。

そのころからずっとクラスに来てくださる方もいれば、

最近出会った方もいる。

そんな今のクラスで私が思うこと、

私がニヤけてしまう瞬間がある。

クラスの始めに、まず鼻から息を吸い入れて、口からハァ~と息を吐き出す。これを数回繰り返して、少し肩や心の力みが流れ出ていく時間をつくる。

これをキレイにしようとか思わなくていいから、

ただハァ~~~~~って。

体をモゾモゾさせても構わないし、

ハァ~って声に出しても、出てしまっても構わない。

その呼吸で初めて体の余分な力みに気づくかもしれない。

初めて参加する方で、ものすごく脱力して”ハァ~呼吸”する人はまずいない。

とてもキレイに、ただ口から吐く息がスーっと流れ出ていく。

見ているだけでは、本当に口から息が出ているのかも分からないくらい。

それがこの半年で、どんどん”ハァ~呼吸”が大胆になっていくから面白い。

ハァ~呼吸やりたいのよ私…そう伝わってくる。

何かこうしないといけないとか、恥ずかしいとか、

周りを気にする心から開放されていくみたいに、

それぞれのハァ~呼吸は、深くなり、体に表れ、声になり、揺れている。

そんな風景を眺めていると、私がクリパルに参加して間もない頃を思い出す。

どこからか、ものすごく脱力したハァ~呼吸が聞こえてくると、なんだか怖いような、戸惑うような、なんだあれ?みたいに思って、ちょっと拒否する。それと同時に、そんな呼吸への憧れみたいなものがある。そんな自由な呼吸が出来る人への羨ましさみたいなもの。何を気にすることなく、みんなが居るこの場所で、自分がしたいようにそのままに息を吐き出す、そしてとても心地良さそうに。

私はがんばってハァ~呼吸をし始めたのではなく、

そんな呼吸を許してくれる、認めてくれる場所だったからやってみただけ。

私がそう思える場所だったからできた。

そして、そんな自由な呼吸を生み出す周りの人達の波に乗って。

そんな呼吸、1度やってみたら、後はどんどん自由に広がっていくだけだった。

私にとってとても心地よいこの呼吸が、

今のクラスにも1つまた1つ生まれている。

その1つの呼吸がまた誰かの呼吸を誘うように広がっていくんだろうな。

どんどん広がれ~ハァ~呼吸~~

私がニヤけているのは、そんな呼吸を感じるからですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

次の日曜日は

6月6日(日)12:15スタート 90分クラス

みんな、TOKYOYOGA大阪に来て~

「初心者のための特別クラス」

こんな大きなくくりの中で、

「はじめてのクリパルヨガ~あるがままのヨガ~」

こんなタイトルが付いています。

もう日が近づいていますが、どんなことをするか何も決まっていません。

でも、頭の中でイメージだけが膨らんできております。

想像では、みんなが伸びたり縮んだり開いたり、

楽しそう、幸せそう。

ヨガ初心者の方も、ヨガを既に楽しんでいる方も

みんながあのスタジオでのびのび。

カラダが硬いとか、初めてだからとか、

スタイルがどうとか、上手く出来ないとか、

完璧だとか、そうでないとか、

そんなことな~んでもないことなんだと、

カラダと繋がることがなんて心地よく柔らかく素敵なんだと思えるような、そう感じられるような90分になるといい。

そう、そんなクラスにしたいな~

みなさん、来てsun

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »