« 録音 | トップページ | ミカンの木 »

2010年6月10日 (木)

鼓膜

思い出したear

中学生の時、よく滲出性中耳炎を繰り返していました。

小さな子供によくなる様なんですが、

鼻風邪の治りが悪くて、鼓膜の内側に膿が溜まるのです。

耳の聞こえが悪くなったり、ひどくなるととても痛い。

それがひどくなって、鼓膜に穴を開けて膿を出しましょうということになりました。

耳になにやら液体を入れて、そこに電気を通して麻酔をしたんだったかな?

そして、先生がブスッと鼓膜を何かで突き刺す。

この瞬間は、ドキッとします。鈍く痛い。

その後、掃除機みたいなものでズズズーーーッと膿を吸い出します。

ほらね、こんなに溜まってたよと、見せてくれます。

耳の中を掃除してもらえてとてもすっきりするのです。

その後がびっくり、

周りの音がどれも軽快なんです。

カラカラカラ…チリリリリン…

ドアを開ける音、閉める音、自転車のベルの音、

もう何もかもが高音でできている。

音に重さが1つもなくて、すべてが気持ちよさそうに音を出す。

ずっとその音を聞いていたいと思ったな。

それからも何度か耳の調子が悪くなって

「鼓膜切開します」と言われた。

その度に、やったー!と心の中で思い、

それでもあの軽快な音は二度と聞けなかった。

最初で最後の音だった。

私の耳を通して聞こえてくる音は、ワタシだけの音なんだな~

|

« 録音 | トップページ | ミカンの木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/35179306

この記事へのトラックバック一覧です: 鼓膜:

« 録音 | トップページ | ミカンの木 »