« 鼓膜 | トップページ | スローな夜に »

2010年6月11日 (金)

ミカンの木

すっかり忘れていたけれど…

姪&甥が私の部屋にある植物の前に立って笑っていた日のこと。

二人が食べた冬みかんの種を、その植物の隣に埋めたらしい。

どれくらい埋めたの?

いーぱい!キャハハハ~

笑っている。(イシシシシッ、ヤッターみたいに)

子供って面白いことをする。

それから数日、私はそのタネの為に水遣りをしている感じだったけれど、

最近すっかり忘れていた。

そしたら、あれ??

かなりのお年で、ちょっと元気のなさそうなコーヒーの木の隣に、青々とした濃い緑の芽が出ている。

これは雑草じゃない!

ミカンだ~

二人とも忘れてるだろうな~

なんて言うかな?

びっくりするかな?

喜ぶ?

意外と「へぇー」で終わるかな?

ちょっと楽しみ。

でも…これをどうすれば…いいの?

|

« 鼓膜 | トップページ | スローな夜に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/35208320

この記事へのトラックバック一覧です: ミカンの木:

« 鼓膜 | トップページ | スローな夜に »