« 木のおうち | トップページ | 久しぶりにスコーン »

2010年8月22日 (日)

今日のクラス

クラスの始まりに、

クリパルヨガではアサナのホールドを少し長めにすることがあってね…

と言うお話をしました。

どれだけ長くきれいに保てるかの我慢比べじゃなく、

1つのアサナから色んな感覚が生まれて、

思い、感情が湧き出てきて、

そこには強さがあったり弱さがあったり、

広がるところもあれば、

押し付けられているところもあって、

とにかく、いろんなことに気づく時間なんです。

長い時間の中だからこそ

感覚の変化に気づいたり、感情が外に押し出されてきたり。

いいものだけを見て、悪いものは見ないなんてことをせず、

全てそのまま感じ、気づきます。

ただ気づくこと。

その気づきからギフトをもらいます。

気づくことから学びます。

一人ひとりの体験を通して得られるその学びは

それぞれの最高のギフト。

ヨガの学びは日常の学びへ繋がっていきます。

今日のクラスの最後はセツバンダアサナ。

少し長めのホールド。

時間の流れる中で、みんなの呼吸の音が強く広がっていくのがわかる。

みんなのアサナを見ていると、どこまでも可能性が広がっていくよう。

みんなの外側で、

ワタシはひとりひとりの無限のチカラを感じる。

みんなを信じなさいと言われているみたい。

ホールドを終えてから、

もう少し、あと少し長くホールドしてもよかったかもしれない。

もう少し内側を感じる時間があった方がよかったかも…

そんな思いがワタシに訪れる。

けれど、その場にワタシはいたじゃない。

ちゃんとみんなといたでしょ。観てたでしょ。

そしたら大丈夫。

自分を信じなさい。

みんなと共に、ワタシも学びます。

|

« 木のおうち | トップページ | 久しぶりにスコーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/36307218

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のクラス:

« 木のおうち | トップページ | 久しぶりにスコーン »