« 我が家 | トップページ | グル »

2010年8月 4日 (水)

眺め

舞子駅を降りると、拡大されたような明石海峡大橋が目の前にある。

家からも、

車からも、

電車からも、

ヨガの教室からもよく見える。

いつも見慣れた明石のつり橋。

でも、この舞子に立って見上げる大橋の姿は格別。

空が青く、その先の淡路島が見渡せる日の眺めは最高。

近くにあり過ぎて忘れてしまう、その良さ。

橋のその始まりの根っこに立って見上げる大きさのすごいこと。

そんなつり橋を、いつも建物の陰になった芝生に寝転んで眺めているおじさん達がいる。

橋を眺めているのか、

ただ休んでいるだけなのか、

そこだけが日陰だからいるだけなのか、

よくわからないけれど、私にはベストポジションを知るおじさんの幸せな一時に見える。

日陰で、風が通って涼しくて、目の前は海と巨大な橋の眺め。

きっとあの場所は最高なはず!

毎週その横を通って、そんなことを思っていた。

あそこでおにぎり食べたら美味しいだろうな~とか。

だから、それをやってみた。

おにぎりを持って、あの場所へ。

目の前の景色を眺めていたら、きっと何時間でもいられそうな気がした。

…でも、いざそうしてみたら…そんなことはなく。

橋の眺めは、ワタシが見ていた今までの景色の方が数倍素敵だった気がするし、

目の前の橋をぼーっと眺めているつもりが、いつの間にか違う方を眺めていたり。

ワタシがいいな~と思っていた素敵そうな事をやってみたら、

意外とそうでもなかった。

ずっとやってみなかったら、私はずっといいな~と思っていたに違いないこと。

そうでもないんだと気づいたら、

なーんだと少し残念に思う気持ちと、

クスッと自分を笑いそうになる気持ちと、

そうなのかと気が済んだ気持ちとで、

おにぎりを食べたらすぐに立ち上がった。

|

« 我が家 | トップページ | グル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/36045509

この記事へのトラックバック一覧です: 眺め:

« 我が家 | トップページ | グル »