« 最終章へ | トップページ | いよいよ »

2010年11月18日 (木)

おかげさま

子供の頃、

親戚が遊びに来ても、

なぜか恥ずかしくて隠れてしまう。

友達が遊ぼーって誘いにくるのに、

その声が聞こえない振りをした。(結局は、友達来てるよ~って言われるんですけど)

小学生の時、

通知表に「ワタシ」について記入する欄があって、

母は「内向的」と書いた。

それを見て、ニヤッとした。

そんな私が今までしてきた仕事は

全て人と関わることだ。

人と関わる仕事がしたいと言ってきた。(どんな仕事も人と関わりますけど)

いつからそんな人になったのか思い出せない。

わからないものだ。

それも、どんどん人と深く関わる方へ向かっている。

どんな仕事が私に向いてるんだろうと迷いながらきたけれど、向いているか向いていないかではなくて、ただ人と丁寧に関わることがしたかっただけなのかも。

今でも向いていないと思う事は何度もあるし、人と関わることが窮屈になることだってある。そう言えば、人と関わる仕事がしたいと言いながら、倉庫作業もいいなと思ってたわ…。

でもやっぱりいいもんだって思う瞬間がある。

それは”面倒”を帳消しするくらいの威力を持つ。

ひとりでは得られないものが必ずある。

ひとりでただ満たされることよりも、

繋がって、内があったかくなるような感覚。

今、ヨガをしていなければなかった出会いがいっぱいなんです。

おかげさまですcatface

|

« 最終章へ | トップページ | いよいよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/37696375

この記事へのトラックバック一覧です: おかげさま:

« 最終章へ | トップページ | いよいよ »