« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

12月31日

間もなく2010年が終わります。

大晦日。

どんなに早寝な私でも

この日だけは12時過ぎても起きてます。

毎年どこからか除夜の鐘が聞こえてきます。

2011年の始まりは、

その鐘のなる所へ行ってみようと思います。

予想している場所でなければ…

寒くて帰ってくるかもしれないけれど。

皆さん、今年も大変お世話になりました。

良いお年を~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のヨガクラス

ついこの前、暑いですね~なんて

書いていたような気がしますが…

もう12月のスケジュール。

2010年、クリパルヨガを

楽しんでくださった皆様ありがとう。

今年最後のクラスは

どんな風に締めくくりましょうかね。

  

《神戸》

ゴルフギアサージ西神戸店 西区

4F ミーティングルーム

イベント『キャンドルの灯りと共にヨガ』 75分

・12/22(水)冬至 18:00~19:15

・12/23(木)祝日 17:00~18:15

1クラス 1,575円

予約(078)924-7072

        

Ether Blue MovementYoga Studio 

               神戸磯辺通り

クリパルヨガ 90分

・毎週土曜 14:30~16:00

  

SETRE 舞子

クリパルヨガ(ホット) 60分

・毎週水曜 10:30~11:30

*12/29 お休み

    

《 姫路 》

コンシャス  

ハタヨガ(ホット) 60分 

毎週火曜 10:30~11:30

   

《 大阪 》

TOKYOYOGA大阪 江坂

クリパルヨガ 75分

・毎週日曜 12:15~13:30 

12/5(日)のみ12:15~13:45 90分

 『はじめてのクリパルヨガ』

   

2010年最後のクラス

どうぞよろしくお願いいたします 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

いかがお過ごし?

我が家の一員が風邪を引く。

大丈夫、大丈夫。

うつらないぞ。

気力だ。

そう思っていた私も、喉に違和感を感じる。

キャンドルヨガの辺りから

28日の仕事納めまで

なんとか乗り切れて良かった。

クリスマスもあっと言う間に過ぎ去りました~

とても心地いい”キャンドルヨガ”だった話や

あれやこれや

頭の中ではブログを描いてました。

でも、現実には書けませんでした。

近頃そんな毎日です。

師走です。

今は元気ですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

苦労して

家のプリンターが突然おかしくなった。

順調に年賀状を刷っていたのに、

急に青色を出すことを拒否した。

出てくる年賀状は赤やピンクで埋め尽くされている。

いろいろ調べて、ひたすらヘッドクリーニングをすることにした。

どこかのコメントによると、

10回以上クリーニングしたら青が出てくるようになったと。

同じ様に悩まされた人達の声を信じて、

クリーニングして、印刷して、

クリーニング、印刷…

10回以上してるけど、復活の兆しもなく…

青を使わない年賀状にすればいいか!と

母に提案してみたけど…首を横に振られた。

クリーニングを続けると、

それだけでインクが消耗していく。

それも、もう惜しくない。

意地になってきた。

もう無理かと思った1時間以上後、

プリンターから葉っぱの色が緑になって出てくる年賀状が見えた。

ずーっと、その葉っぱ、嫌なピンクに染まっていたのに…

やったーーー

10回以上の、その以上がどれくらいだかわからないけど、諦めずに続けた甲斐がありました。

いつも、ワタシの年賀状は、筆文字で干支を書くのみ。

「卯」

でも、でも、今回は是非カラーを使いたくなった。

是非、青色を入れたい。

久しぶりに2011年の年賀状は絵が入っています。

刷り上った緑色がとってもきれいに見える~

できたできたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

受付終了します

来年1月に行われる 『クリパルヨガ入門』 

三浦徒志郎のワークショップ in明石

Cid_154c5d8348c94b8b976fb1e06acb6_2

あっという間に定員となり、

キャンセル待ちの方も多数いらっしゃいます。

今回ご連絡いただいた方、みんなに受けてもらいたい…そんな気持ちです…

本当にありがとうございましたconfident

キャンセル待ちの方が増えてきましたので

ここらで受付終了~とさせていただきます。

  

京都のワークショップ

 若干空きがございます。 是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

かわいい存在

喫茶店のおねえさん、めでたく9月にご出産された。

年を越す前に借りていた本を返したかったのと、

里帰りから戻られているだろうと思って、

久しぶりに昔ながらの喫茶店へ足を運んだ。

多分、お店の上にお住まいなのでしょう、

私が来たことをご主人が伝えてくれたようで、

おねえさんが赤ちゃんを連れて来てくれた。

3ヶ月ってこんなに大きい?

暖かそうな服にすっぽり包まれた赤ちゃんが

想像以上にビックに見えた。

モコモコした布の内側にはとても小さなカラダが入っているんでしょう。

おねえさんとは突然本の貸し借りから始まった仲で

名前も知らないでいる。

年齢も、何も知らない。

ゆっくりお話したこともなく…

だから今回が初めてな感じ。

その人はとても淡々とお仕事をこなす人。

口調は丁寧でゆっくりしている。

じっと目を見て、頷くように話をする。

飾ることなくマイペース。

そんな気がしていた。

お腹の大きな姿を見て、「おめでとう!」と言った時も

「あぁ、ありがとうございます」と

冷静と言うか、いつもの調子で答えられた。

赤ちゃんを抱っこしたまま

私の席の前に座るおねえさんはとても穏やかで、

赤ちゃんはあまりグズルことなく育てやすいのだと言った。

私と話しながらも

その人の片手は常に赤ちゃんの額から

髪を撫で付けるように動いている。

初めての子を抱くお母さんというより

とてもそれが慣れているように見える。

出産前の話や実家長野の病院事情など

色んな話が続いた。

おねえさんはとても淡々とお話をする。

長々とではなく、短い文章で表現する。

私は、その言葉を消化するのに

それは、こうこう、こういうことですか?と聞き直すことが多かった。

それが少し違っていることもあり、

また説明し直してくれる。

とても親しい相手となら

短い言葉でもすんなりワタシに届くことがあるけど

ほぼ初めての相手とはなかなかそうはいかないみたい。

そうして、一息間があって

もっと早く産んでたらよかったって思う

そうおっしゃった。

…えっと、それは年齢や体力的にと言うこと?

ちょっと考えて確認してみた。

…(キョトンとした顔をして)かわいいから…

その一言が返ってきた。

かわいいの。こんなにかわいい赤ちゃんともっと早くに出会いたかった。

そう言う意味だったらしい。

結婚10年目で授かった赤ちゃん。特に授かる事を願い続けていた訳でもなく、自然に時が流れてそしたら10年目になった、ただそれだけと言う感じのご夫婦。そんなおねえさんが、赤ちゃんってこんなにかわいかったんだ~って素直に感じてるんでしょう。

それを聞いて、もう何も言葉がない。

目の前にいる人の幸せが伝わる~~~

その言葉一つで。

ワタシもデレデレした顔になって

二人で赤ちゃんをしげしげと眺めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

やっぱり好き

ほんの小さな指の動きひとつが

からだのどこかへ繋がって感覚を起こす。

小さな緊張がいつの間にかどこかに起きている。

小さな緊張を手放せるよう、

どんな感覚も見逃さないでいたいと思っていると

いつの間にか息を殺している自分に気づく。

ふっと息を取り戻すと、

小さな緊張は解けていく。

いやいや、また別のところに硬くとじた塊ができてるのかも。

小さな動きではなく、

もっと中心から動かす大きな動作は

カラダの真ん中に土台ができて

深い深い呼吸を共にしている。

2回目のフェルデンクライスやっぱり行ってきたよ。

体にどんな違いを見つけても

できない、うまくいかないことに気づいても

そうなんだなと思って呼吸をする。

焦ったり、なんとかしてやろうという気持ちじゃなく

カラダと共に一瞬一瞬を感じて過ごそうとする。

みわちゃんは、どんなクラスを受けてもクリパルやってるんだよ。

つい最近、クリパル仲間から言われたな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納まる

年末の大掃除。

一気に出来ないから

少しずつ片付けようと思っている。

今日はこの扉の中を、

今日はあっちの一角を。

取り敢えず置いているものもあって、

捨ててしまえ!という気にもなるけれど

やっぱりヨイショとこちらへよけておくものが多い。

空き箱に包装紙に紐…そんな物でも、

置いててよかった~と思える時がくると嬉しい。

乾燥させるために木箱に入れたままになっていた手作りの石鹸。

夏からずっと放置されている。

埃を被るし、どうしようかと気になっていた。

洋服が包んであった白い薄紙で

それを1つずつクルクルと包む。

しまっておいた頂き物の空き箱がある。

そこへ1つずつ包みを納めていく。

カサカサと音を立てる包みは柔らかく

なんだか丁寧に触ろうとしてしまう。

真っ黒でハードな箱に柔らかい白がキレイに映る。

白から透けて見えるクリーム色もいい。

黒と白。

何だかしっくりくる。

とても気持ちいい大切なものに見える。

ここから1つ1つ包みを取り出していくと思うと

…いいなconfident

Dscn3437

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

好き

本を読みながら、やってみようとしたけれど

なかなか上手くいかなくて、挫折した。

本じゃなく、クラスに参加しよう!

フェルデンクライス

それほど遠くない場所を選び、

先生のホームページや写真を見て

優しそう…

このクラスに決めた。

当日、思い切り道に迷うことになる。

普通で行ける距離の3倍は歩いた。

たどり着いたら開始5分前。

少し息も切れている。

12月にしてはとても暖かい日で、

畳の部屋は寒いですから…

と言われていたから

かなり着込んで行った私は

暑くて仕方ない。

すみませ~ん遅くなりましたーーー

そんなバタバタしている私を見て笑っている先生は

ホームページから想像したそのままで、

やっぱり優しそう。

何枚も重ね着した服を脱ぎながら、

先生の顔を思い浮かべると

ココを選んで良かったと思って嬉しくなる。

たまたまそのクラスは私1人。

のびのびと楽しませてもらう。

言ったら、ただ寝転んで呼吸をしているだけのクラス。その意識の向け方が面白い。とても細かく丁寧に、カラダに気づかされる。呼吸と意識でカラダを味わう。それはあっと言う間の時間。最後に立ち上がると、過剰な力が抜けている。

クラス後、ワタシはひたすら先生にしゃべり続ける。

この時はこう思った。

あの時はああだった。

いいですね~。

面白い!

………。

帰る途中、言い過ぎなくらいコメントしたワタシを思い出して恥ずかしくなった。(よくあること)

本当に好きな時間だったから、

とにかく思ったことを伝え、質問したくなって…

変な人だと思われたかも…

でも、また行こうconfident

クリパルの中に

フェルデンクライスがある…やっぱり似てる。

フェルデンクライスはとてもシンプル。

とてもシンプルなことなのに

みんなが忘れてしまっている感覚を

思い出させてくれるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

広がる広がる

セツバンダアーサナはいつも好きじゃないけど

今日はすごく気持ちよかった。

クラスの後、少し不思議そうな顔で

生徒さんが私に教えてくれた。

ついこの前も、

マツヤアーサナ…いつも首が辛くて好きじゃなかったけど、今日はとても長い時間心地よくいられた!

なんだかこちらまで嬉しくなります。

ヨガをしていて、苦手なものが好きだと思えた瞬間は

ワタシの世界が広がったぐらいの気持ちになる。

出来なかったものが出来るようになること。

よく言う、初めて自転車に乗れた時の感じ。

驚きと嬉しさも入り混じる。

もっともっと、どこまで行けるのか試してみたい気持ち。

降りてしまったら、また次はないんじゃないか?

本当にまた上手く乗れるのだろうかという小さな気持ち。

いつもと同じはずのアーサナが、

なんだか違ったものに感じられること。

何も感じなかった部分に、強い筋肉を感じること。

新しい感覚を感じること。

耳から肩が遠ざかって、遠ざかって…

首筋ってこんなに長かった??なんて。

小さな変化に気づいて、世界が広がる。

限界とは何でしょうね?

そんなものは果てしなく遠いところにあるのかもしれないと思えると楽しい。

限界を近くに作り出すことなしに、

ただイマ起きていることに目を向けて、感じて、

土台を安定させて、リラックスして、

カラダと共にいる。

いつの間にか、世界が広がっているconfident

あれ?前にもこんなことを書いたような気がする。

でも何回もそう思うんだから、まあいいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

短い時間

神戸のスタジオ「ETHER BLUE」から

1分もかからないくらいの場所に

ルミナリエ会場がある。

帰る時間にはもう点灯していると聞いて、

ふらり立ち寄りました。

通常、光の回廊を抜けて、最後に会場に行き着く…

という道順に反し

私達はその最終地点にポンと足を踏み入れたのです。

あまりにも簡単に。

いいの?ここから入っても??

通行規制された道に従って並んで並んでココに辿り着くところを、なんだかズルした気分でもありますが、入れるんだから仕方ない。

ワタシとヨガの生徒さんはほんの数分

この場を楽しみました。

これは、まだ日が落ちきらない5時の話。

これからゾロゾロと人の波が押し寄せてくるのです。

その波に会わないように…

ちょっと楽しむだけで満足な

ワタシと彼女の気持ちは一致しておりました。

震災の復興を願って開催される

「神戸ルミナリエ」は12月13日(月)まで。

Photo

picture by 新しい携帯電話confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

間もなく…

Dscn3431_2 来年1月に行われる

『クリパルヨガ入門』ワークショップですが、

明石のご予約は、間もまく定員となります

皆さま、お早めにお申し込みください。

と言っても来年のお話ですし、

キャンセルが出ることも予想しています。

定員になり次第、キャンセル待ちの受付となります。

よろしくお願いしますconfident

皆さん、明石公園は初めてですか?

少し余裕をもって来られると、

ゆっくりお散歩気分を味わえます。

きっと深呼吸したくなるはず~

Dscn3430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

携帯電話

ケイタイが使えなくなった。

それは本当に突然で、

携帯電話は、電源が入ったり消えたりを繰り返すだけのモノになってしまった。

壊れた?

一瞬、どうしようと思ったけれど、

その次の瞬間、まあなんとかなるだろうと思った。

例えデータが無くなっても、

必要な人とはきっと繋がると確信しているから。

まあなんとかなるconfident

携帯がないと、連絡がくるはずもないから、

それを全く気にしなくていい。

普段からそれほど携帯に執着していないつもりだったけど、やっぱりその存在はワタシの中にあったんだなって気づく。

朝の電車、

色とりどりの携帯を触りながら過ごしている人達が目に入る。

私にはその携帯がない。

ないから、触らない。触らなくていい。

みんなが忙しなくボタンを押している姿を

ちょっと余裕な顔で見る。涼しげなワタシ。

なんだか余分なものが無くなって、スッキリした気がする。

このまま携帯がなくてもいいかな~と本気で思ってみるも、困る事が…あるな…と思い直す。

また新しい携帯を手に入れてしまった。

その新しい中に、ワタシと繋がる人の名前が一から入っていくのだと思うと、それはまた嬉しく、楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »