« 健康 | トップページ | 京都も明石も »

2011年1月13日 (木)

言葉

1歳6ヶ月の姪がいます。

数ヶ月振りに会うと、以前よりもしっかりと言葉を発し

理解して会話しているのがよくわかる。

彼女が特に気に入っているフレーズは

”おかえりなさ~い。さむかったー”

この二つをセットにして繰り返し言います。

玄関に行って、それからテクテク走ってきて

”おかえりさぁ~い。さむかったー(にやにや)”

演技しています。

彼女の演技からいくと、正しくは

”ただいまー。さむかったー”なのですが

みんなが話し掛ける言葉をよく聞いています。

次に彼女が気に入っているのは

”にんじんください!”

彼女は人参好きなのです。

小さな手に”どうぞ”と入れてあげると

パクパクそれを食べるマネをします。

そしてまた”にんじんください!”

20回以上は繰り返しました。

だから、たまにはトマトにしてみました。

単語だけを発することが多い中で

きれいな文になっているのが

”ぼく、ひとりでできない”

彼女なので勿論”ぼく”ではないのですが

甥っ子がブロックを積み上げながら言うそれを傍で聞いていたのでしょう。

彼女とパズルをしていると突然さみしそうな声で

”ぼく、ひとりでできない…(もじもじ)”

にんじんくださいよりも明らかに切なそうに言います。

子供って面白い。そしてスゴイ。

”すごいね~”と言ってあげると、とても喜びます。

ニコニコします。

そして、また元気に言葉を発します。

すごいね~。すごいね~。

そんな言葉を言われると喜ぶのはワタシも同じですcatface

|

« 健康 | トップページ | 京都も明石も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/38454809

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉:

« 健康 | トップページ | 京都も明石も »