« ちあきさんのお姉さんのご主人 | トップページ | ゆだねること »

2011年3月 3日 (木)

カバーをつけてから

毎日ボルスターにお世話になっている。

こんなに気に入るとは思わなかった。

Cocolog_oekaki_2011_03_03_20_51

寝る前、ベッドの上で体に上布団を掛けてこんな風にしている。

はぁ~

そのうちの2回はそのまま寝てしまって、

夜中にボルスターから落ちて寝ている自分に気づく。

そのまま寝るのはやっぱり良くなさそうなので

なんとか意識を保つようにしよう。

初めてこうして仰向けになった時、

肩や腕、股関節、

左右の違いがあらわで驚いた。

前はこんなだった?

左右を同じにしようと動いてみても、

ますます気になって落ち着かない。

だから、そのまま様子をみてみる。

少しずつ違う感覚に変化して、移動して、

いつの間にか感覚が消えて無くなることもある。

気づき続けるって面白い。

どちらが硬いからダメだとか、

どちらが悪いから仕方がないだとか、

そんな判断をしようとせずに、

ただそこで起きていることに気づいてみる。

クリパルヨガと出会った当初は、

自分を知る為に、起きている感覚から何かを得ようとしていた。

私がどうなっているのか私が知っておこうとした。

分析しようとした。

でも、それはただの決め付けでしかなかったな。

カラダって、そんなところを超えた存在だと気づいたら

勝手な決めつけなんて何の足しにもならないことがわかる。

決めつけが、どこかを傷付けたり狭めたりすることもある。

ただ気づくだけの作業を積み重ねると

それは、いつの間にか体も心も自由にする。

大きな力に委ねてみるといい。

一度それに気づいたら、

また委ねてみようという気になる。

それを繰り返して、大きな波に乗る。

流れを感じ、波を前に、波に乗らないワタシにも気づく。

|

« ちあきさんのお姉さんのご主人 | トップページ | ゆだねること »

コメント

みやしたさん

痛みも、左右の違いも、
それらはカラダから伝わってくるから
それに気づくことが大事だなと思う。
気づくと、もう少しカラダに優しくなろうとか、
こういう所気をつけようだとか思うでしょ?
そうやって体と心を繋げていると大丈夫だと思っています。
膝が痛いのを、痛いけどそれをないことにして過ごしてしまうのではなく…

日常のヨガも、マットの上でのヨガも楽しねshine

投稿: いりえ | 2011年3月 4日 (金) 11時53分

いりえさんへ

いつも読ませて頂いてます。肩の力の抜けた感性がよく出てておもしろいです。


今日の内容は「感じだけでよかったんだー」と思いました。

例えば今膝が痛いけど、治したいとも思わずただ「痛い」としか感じてなかったので、感じるだけでよかったんだと教えて貰ったみたいで嬉しいO(≧∇≦)o

カラダの左右が違うのも特に違うからどーしようとも思ってなかったので。

むしろ思わないといけないのかなーって


今日はそれでよかったんだと気付けたかなと。

そんな事考えてるとほんとヨガしたくなりました。

ではまた

投稿: みやした | 2011年3月 4日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/39092494

この記事へのトラックバック一覧です: カバーをつけてから:

« ちあきさんのお姉さんのご主人 | トップページ | ゆだねること »