« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

道頓堀川

Photo

大阪ミナミ・道頓堀川から見上げた眺め。

色トリドリのネオン。

田舎に住みたいなーと思うのに、

なぜかこの日、この川沿いに並ぶアパートでもあったら住みたいなと思った。

川を渡り、脇に流れる景色に目をやると、不思議と元気になってくる。

好きな服を着て、好きな帽子を被り、好きな靴を履く。

好きに話をして、好きなだけ笑い、好きなだけ食べて、また笑う…

そう見えるから、エネルギーを感じる。

ビルの3階、ベランダにいる男性は絶えずウロウロして携帯電話で話す。

こんなにピカピカした物や色んな音の混じる中で、その暗いベランダだけに男性の時間が流れて見えた。

一色ではなく、いろんな色のあるこの街は、どんなワタシも受け入れられて、どんなワタシが出てくるのかワクワクさせられそうな気がする。

ニューヨーク。ちょっと違う?

もうひとつのニューヨーク。

道行く人、話をしているグループ、

ガラス越しに食事をする人達、

そんな大きな輪に向かって当てもなく手を振ると、

必ず誰かが手を振り返し、

照れる素振りなく元気をくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月ヨガクラス

新しい場所、新しい時間、

4月はクラスが少し増えています。

どこかのクラスでお逢いしましょう。

      

クリパルヨガ クラス  

   

場所山端第二ビル 3階 

  ・JR神戸駅から徒歩5分

  ・高速神戸鉄道西元町駅西口を北へすぐ

   詳細→ 神戸のクラス

・4/14・28(木) 19:00~20:15 75分

・4/ 9・23(土) 11:00~12:15 75分

      

場所TOKYOYOGA大阪 

  地下鉄御堂筋線 江坂駅から徒歩5分

  詳細→スタジオHP

・毎週日曜 12:15~13:30 75分

*4/3(日)のみ 12:15~13:45 90分

 『初めてのクリパルヨガ』90分特別クラス

       

場所:明石市生涯学習センター分室 和室

  JR明石駅から徒歩8分

  詳細→明石のクラス

・4/2・16・30(土) 10:00~11:15 75分

      

   

チャリティー外ヨガ クラス

   

場所:舞子の芝生広場内

  JR舞子駅から徒歩10分

  詳細→ blog

・4/13・27(水) 8:30~9:30 60分

      

   

ホットヨガ クラス

     

場所:ピュア&ナチュラル コンシャス 

  JR姫路駅から徒歩3分

  詳細→スタジオHP

・毎週火曜 10:30~11:30 60分

☆代行 4/1(金)20:15~21:15

   

場所:SETRE内 シエスタ 

  JR舞子駅から徒歩10分

  詳細→スタジオHP

・毎週水曜 10:30~11:30 60分

       

       

*プライベートクラス、少人数クラスなどご興味のある方は、コメントからお気軽にお問い合わせください。

   

どうぞよろしくお願い致します。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

雨宿り

気持ちのいい青空の日は、

みんなを外に連れ出そうとしているのか。

外に出てみると風がまだまだ冷たい。私には。

まだ本番ではないと感じながらも、

日差しが眩しいのに空を見上げたくなります。

水曜日、天気予報で午後から雨だと聞いていたのに

傘を持たずに家を出た。わざと。

やっぱり帰る頃には灰色の雲が広がってきました。

雨宿りに立ち寄ったお店のカウンターに座り

目の前の窓と、右側に見える大きなガラスドアを交互に眺めながらおちゃを飲む。

勢いよく降ってきた雨がアスファルトの色を一気に濃くして、水溜りに雨粒がはねる。

水溜りの様子を眺めながら、この店から出る時を見計らう。

強くなり、弱くなり、ポツポツと…また強くなり

完全に止まない雨は、絶えず強弱を続ける。

でも、ずっとずっと変化している。

スケジュール帳を眺め、

メールを打ち、おちゃを飲んで。

右を眺めると、ドア越しの水溜りがつるりと光っている。

細い細い粒と言えない粒がピカピカの水溜りに当たって跳ね返される。

カウンターを片付けて、荷物をまとめて、

颯爽と店を出たワタシはなんだかとても満足で、気持ちよく、軽快。

雨が止むことなく、結局濡れて帰ることになる?

でも西の空が明るいからきっと止む?

まだ止まないけど、小降りだから今のうちに出る?

あれこれ思いながらも、その一番の時がやってきた。

久しぶりの雨宿り。

こんな完璧な雨宿り、もうしばらくはないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

晴れますように

明日、4/27(水)はソトヨガの日ですsun

8:30スタートです。

ご予約なしでも構いませんので

気が向いたら、

または早く目が覚めたら、

是非いらしてください。

しかし…明日の予報は雨。

早朝は大丈夫かと思いますが、

雨天中止です。小雨でも中止ですrain

無理していらっしゃらないでくださいね。

また明日~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

好きな匂い

たっぷりある方がいいように思うけど、

一度に使う量もそれほど多くないから、

それなら新鮮な内に使い切れるサイズがいい。

色々探してみたけれど、なかなか思うようなものがなく、

だからといって作ろうという気もなく、

これでいいかな~と、適当なサイズであることに重点をおき、半ば他を探すのを諦めて購入した気もする。

フェイシャルオイル。Cocolog_oekaki_2011_04_25_16_10

今はそのオイルがとても気に入っている。

初めて使った時、その匂いに首をかしげた。

期待していたイイ香り~とはいかない。

不思議な匂い。

何の匂いなのか?鼻から強く息を吸い込むけれど、

よく解らない。

オイルの成分を見ても、よく解らない。

なんとも素朴な、素朴すぎる匂い。

最近になって、この匂いから思い出したものがある。

気づいて嬉しくなったけど、

以前、レーズンから酵母を育て、パン種を作ったことがあった。

そのパン生地から出てくる匂い!

懐かしい。

オイルを使う度に思い出す。

一般的にいい香りとは言わない気がする、

自然から生まれた色のないいい匂い。

とても素朴なその匂いを

ワタシは日に日に好きになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

指先

図書館の返却棚で目にした青木功さんの本。

パラパラめくって中を見ると、ゴルフ攻略本ではない。

幼少の頃のこと、ゴルフと出会った頃のこと、

奥さまとのことも書いてある。

わたしは以前、青木功さんをお見かけしたことがあって

その時の印象は今でも忘れないくらい輝いている。

日に焼けてツヤツヤしたお顔は始終にこやかで、

とにかくその笑顔を見ていると心が晴れるよう。

きっと素敵な方なんだろうと伝わる。

その時から、密かなファンだ。

結局、その本を借りることにして、そして全部読み終えた。

ゴルフのスコアがどうだとか、その類の文章は申し訳ないけれど流し読みさせてもらって。

本の中で、青木さんが手の爪をとても短く切るのだと書いてあった。

それは当時の話であって、今もそうなのかは分からないけれど。

爪は、その指先に力が加わるのを助ける働きをするのだけれど、青木さんはその爪をとにかく短く切って、指先まで感覚を鋭くしたいと思ったそうだ。

指先まで感覚を鋭くなどと考えたこともなかったけれど、

かく言う私も爪をとても短く切るのが好き。

爪の白い部分をバシバシ切る。

そこに女性らしさは見当たらない。

でも、私はコレが好き。

すっきりして気持ちいい。

年頃に、自分の爪が恥ずかしく思えたこともあったけど、すぐに立ち直った。

こんな爪なんだから仕方ない!もっと気持ちよく切るぞ!と。

青木さんの爪の話を読んでから(別に爪の話がメインな訳ではなく、ワタシがただ拾い上げただけ)…

ある朝、ゴミ箱にフワッと物を放り投げようとしたら、勢いでワタシの指先がゴミ箱の端をかすった。

その前日に切ったばかりの私の爪の先の皮膚に当たった。

その感覚はとっても鋭かった。敏感だった。

しばらく爪に隠れて守られていた皮膚のやわらかさや弱々しさを一瞬で感じ取ったような感覚。生々しい指先。刺激。その内にある骨も感じるくらい。

その一瞬で、青木さんの爪の話を思い出した。

わぁ。

なんだかニヤけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

またね

わくわくしていたのか、

ただ早起きが心配なだけだったのか、

夜中に何度も目が醒めながら朝を迎えた。

外ヨガの日。

自転車に乗って、お車で、お近くから歩いて、

みんなそれぞれの方法でてココに集まってくれた。

朝も早いから、きっと参加しようかどうか迷ったんじゃないかな。

それでも今日、朝の支度を終えて来てくれたんですね。

本当にありがとうございました。

Dscn3563

とにかく皆さんが集まってくれたから、

やってよかった!と思えました。

そして、ソトヨガは想像以上に気持ちいい。

早起きなんて何でもない。

空腹さえも気持ちいい。

真っ青な空と海、眩しすぎる太陽、

冷たい風、やわらかく濡れた芝、

ごつごつする石ころ、

人声、生活の音、行き交う人や犬や…

27日も晴れたらいいなsun

ワタシはみんなの周りを素足でペタペタ歩き回っていた。

チクチク、ごつごつする芝生の上、

朝露に濡れた冷たい芝生の上、

それが段々と温まって乾いて、ふさふさして気持ちがよくなってくる。

60分の変化が足裏から伝わる。

マットを出てみるのもいいな、

もっとソトを味わえる、ソトだから出来ることをしたいな。

そんなことワタシが言わなくても、みんな充分味わってるか?

いつものクラスと違って色々と慣れないことはあるけれど、それはイヤじゃない。

慣れなくても、慣れていないからこそ

もっとリアルにいられそう。

いつもと違った場所、ソトで出来ることを探ろう。

チャリティー外ヨガに参加してくださった皆さんのお気持ちは、三角の募金箱に入っています。

その箱がもう少しミシミシしてくるまで、そのままにしておきます。

箱を開けた時は、必ず皆さんにご報告します。

とっても楽しみです。

ひとりだけでは出来ない、みんながいるから出来ること。

Dscn3566_2 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

ソトでお待ちしてます

明後日、八時半からソトヨガですよ~

数日前、ソトヨガを行う舞子の芝生広場周辺を歩いた。

海を全面に見渡せるマンションを見上げながら、

みんな海が好きでここに住んでるんだろうな…

Dscn3549_2

海が好きなら、ソトヨガも興味あるかな…

勝手な想像を繰り返した。

海から少し離れた高台へ進んでみるとまた風景は変わる。

それでも遠くに海や大橋がしっかり見える。

または、ちらっと木の間から覗いている。海。

いい所だ。

さて、募金箱は三角にしてみました。

芝生の上に置くと、とても様になりそうな気がする。

ダンポールから出来、手作り感いっぱいです。

後はその日を待つだけ。

4月からはじめて、暑い日寒い日といつまで続けられるでしょう…

長く、みんなが楽しみながら続けられたらいい。

そして、三角の箱がいっぱいになったらいい。

Dscn3546

みなさーん!お待ちしてますsun

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

静かな日常

朝一番、

廊下をパタパタ裸足で歩いてくる音が合図。

カチャ。

ドアが開いて、もうすぐ2歳になる姪が寝ている私に忍び寄る。

その時の私のリアクションは様々で、

飛び起きてみたり、寝たふりを続けてみたり、

笑わせようと色々演じる。勿論寝起き。

そして次の瞬間、朝一の遊びに誘われている。

勿論、ゆっくり寝たい、

寒いからすぐに飛び起きたくなんかない。

でも、かわいいから遊んでしまう。

子供のかわいさはズルイ。

そんな姪が、ある時ワタシの気に入りの本を触っていた。

開いてなにやら読んでいる風。

そして、いきなりブックカバーを引き裂いた。

まだ2歳に満たないわけだから、もちろん故意ではないし、それは遊びの延長。

いや~~~、大事な本やのに~

え~~~

そんな姪の前で、かなり本気で嫌がってしまう。

「本は破らないのよ」と、姉に言い聞かせられる姪はきょとんとしている。

そして言われるままに「ごめんね」と言う。

いいよ、いいよーー

無理やり言うワタシ。

そして、破れたカバーをセロテープで貼り付けようとする大袈裟なワタシ。

ちょっとイラッとしてるから、テープもよれて貼り付く…

仕方がないと思うのに、それがとても気に入っている本だったことがワタシを波立たせている。

ブックカバーが何だっていうんだ?

そもそもカバーじゃないか。

それが破れてどうなる?

よく見たら、カバーを外した本の方が素敵。

ザラザラした質感の、砂や土のような色をした本は、確かにツルツル光ったカバーよりずっといい。

無理やりそう思おうとしたわけではない。

ただ、自分のイライラがどこからきたのかに気づいた。

今起きていることに気づいた。

そしたらスッと落ち着いて、波立った自分が可笑しくなった。

姪のせいなんかじゃない。

なんだか…笑える。

とても大事なものや、好きなもの、

ワタシのものだと主張してしまう物への執着ってすごい。

そんな執着がなければ、すごく穏やかだろに。

執着のタネ、あまり増やすもんじゃないな。

そのものがどうなっても、

あらそうって、好きだったけどまあいいやって、

そんな風に思っていられる気持ちって、かっこいい。

そんな風に思えるものだけで本当は充分なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

閉じるのもいい

少し前のこと。

お腹が空いているわけでもないのに

何か食べたくて仕方がない。

お腹が空いていないことは胃の辺りからちゃんと伝わっている。

それでも何かでもっと満たしたくて

何を食べようか考えている。

今、この胃の中に適当な物を送り込んでも、決してすっきりしないことは解っているし、逆に苦しくなることも想像できる。食べても食べても満足しないのがなんとなくわかる。

私は食べることが大好きで、

食べながら幸せだと思うことが多々有る。

朝ごはんが一番美味しいな~とつぶやく父を横目に

ワタシも朝ごはん一番美味しいわ~とほぼ毎日思う。

稀に美味しさを感じないこともある。

それは前日食べ過ぎていたり、

風邪を引いていたり、

ヨガをしなかった朝であることもある。

だからこそ、食べながら美味しさを感じていない時や、

ただ詰め込んでいる瞬間に気づく。

食べることで何かの代わりにしようとしてる?

…上手くいかないことを食べ物で紛らわせる?

その時は結局、食べて苦しくなることを避けて

ベットの端っこにうつ伏せに寝転んだ。

それはただなんとなくそうしてみた。

カバーを掛けたベッドの中に少しだけ入る。

体半分はベッドに乗っかり、

もう半分の体はダラッとずり落ちている。

Cocolog_oekaki_2011_04_07_11_45

この”半分だけ”がなぜか気持ちいい。

タオル地に顔をうずめて、胸がずっしりと沈み込む。

体の重さを強く感じ、それが安心する。

もっともっと深くへ沈んでいく。

体の力が溶けていく。

ワタシ疲れてたんだな~

そう言えば、眠かったな~

やっとわかったのかと言われたみたいに

ワタシの中で色んな物が繋がっていく。

やっとわかってもらえた体はとても幸せそうで

そのままズルズルとベッドの真ん中の方へ入り込んでいくことにした。

うつ伏せが気に入ったその日から、

ボルスターでもうつ伏せになるようにした。

Cocolog_oekaki_2011_04_07_12_10

これまで胸を開くのがとても気持ちよくて、

内側までオープンになるような感じがあったけど

胸を内に向けて沈めていくことも

ハートが守られて温まっていくみたいでいい。

胸を開くこと、閉じること、

そのどちらがいいわけでもなく

どちらもあっていい。

昨日は久しぶりに胸を開いて、そして閉じて、

両方やってみた。

どちらもそれぞれ心地よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

くしゃみ鼻水

Dscn3548

近頃、雲ひとつない青空が続いている。

家の中からそんな空を眺めていると、

やっぱり出掛けた方がいいんじゃないか?という気分になる。

そうして、いざ外に出てみると

意外と風は冷たくて”まだまだ”だと思わされる。

風が止んだ日向はもう4月だけど。

前の日曜日、くしゃみと鼻水が酷くて仕方がなかった。

家なら豪快に鼻をかむことができるけど、

特に静かな車内は少し遠慮気味になるからスッキリしない。(車内の女性の中でなら豪快な方かもしれないけれど)

たまらなくて、やっとマスクをしてみた。

それが昨日、そして今日と、ほとんどくしゃみが出ない。

マスクはそんなに効果があったのか、偶然なのか。

薬も飲まず、何の花粉対策もしていないけれど

もう少しつづけてみようと思う。マスク。

普段から独り言の多いワタシが、

マスクをすることで更に独り言が増えている。

口元が見えないことをいいことに、

かなり調子に乗ってしゃべっている。

心の中で思うことがそのまま声になり、

時に歌も唄い出す。

フラフラ歩きながらマスクをして独り言を繰り返すワタシは、とても怪しいのだと思う。

自分でも解っている。

でも、なかなかいい。

マスクをしないで済むことが一番いいのだけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »