« 300DOORS | トップページ | 夏の雪だるま »

2011年7月25日 (月)

ずっと気になる存在だった

昨年の秋頃だったか、

ローズマリーのパンを買ったら

お店の人がローズマリーとミントの小さな苗をくれた。

2つとも大好きなハーブなので

育てる気満々で家に帰った。

一先ず、水に浸さなければと

適当なコップに入れた。

それから、今日まで毎日水替えをして過ごした。

半年以上、水栽培のハーブ…

時に、すまないね、もう少し待っておくれと謝りながら、

コップの中で根が渦巻いていくのを見ながら、

水替えをして窓辺にコップを置く。

自然と2種類の根が一体化してくる。

小さなコップの内側は黒々として見える。

寒い冬も、水と太陽の力で生きた。

Cocolog_oekaki_2011_07_25_20_47

今日、やっと鉢に植えました。

ハーブがすぐに弱ってきてたら、もっと早いうちに土に植えたのかもしれない。

ん…どうかわからないけど、そんな気がする。

水でも大丈夫なんだと思ったら、焦る気もなくここまで来てしまったんだ。

自然の力に甘えて、長いこと待たせてしまったわ。

枯れないでいてくれて良かった。

明日からは水遣りだな。

|

« 300DOORS | トップページ | 夏の雪だるま »

コメント

Emikoさん、こんにちは。

昔、友達のポメラニアンを虎刈りにした風景を思い出しましたsmile
巨大なローズマリーいいなー。
外を歩いていても、ローズマリーの香りには必ず気づきますね。。すっきりとしたあの香り。私の場合、窓辺に置いて楽しんでいたというよりは、とにかく習慣化してました。でも、鉢に植えたことでやっと落ち着いて楽しめそうです。

投稿: みわ | 2011年7月26日 (火) 15時17分

みわさんこんばんわdelicious
私もミントとローズマリー大好きです。花も愛らしいheart01
ずっと窓辺で楽しませてくれたなんて、愛おしいですよね。
うちにも巨大化したローズマリーがあります。暑そうだったので剪定したら虎刈りしたポメラニアンみたいになってしまった…。

投稿: Emiko | 2011年7月25日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/40955204

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと気になる存在だった:

« 300DOORS | トップページ | 夏の雪だるま »