« ヴァイオリンとヨガ | トップページ | 時間 »

2011年9月18日 (日)

続・ヴァイオリンとヨガ

本の”おわり”に、川畠さんは、誰かが非常に素晴らしい演奏をしたからといって、それを模倣するというのでは、自分の表現にならないと音楽を勉強した中で学んだとおっしゃっています。

自分自身の演奏をするには、自分がどう表現したいのか、それに忠実でなくてはならないともおっしゃっています。

それのためには、「自分を聞く」という力を培うことが必要だと。

そして、「音楽」という言葉は、たぶん「人生」にも置き換えられるのではないかと…。

ヨガは人生そのものだと思う。そのヨガと音楽を置き換えて読んでいたのはきっと自然なことだったんだな。”おわり”を読みながらすっきりした。

   

私は常に音楽から人生を教えられてきました。そうした存在と出会うことができたのは、私の大きな財産です。音楽を通して育まれてきた私の「聞く力」は、これからも私の人生において進むべき道を指し示してくれることでしょう。

『耳を澄ませば世界はひろがる』著・川畠成道から

|

« ヴァイオリンとヨガ | トップページ | 時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/41810640

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ヴァイオリンとヨガ:

« ヴァイオリンとヨガ | トップページ | 時間 »