« 上手く言えない | トップページ | ちくちく »

2012年2月22日 (水)

赤ペン

以前に”親子”を書いた、あの小学2年生のなっちゃん。

なっちゃんの作文をお母さんが持ってきてくれました。

明石のクラスに初めて参加してくれた時のことが大きくてきれいな字で書かれていました。

ポーズの絵も描かれている。

とても懐かしいことに、先生の赤ペンで、はなまるや波線やコメントが加えられている。

先生の赤ペン嬉しかったなぁ…

その作文を眺めて頬がゆるむ。

波線の引かれた所。

波線が引かれた部分は、ヨガが大好きになったとか、しんどかった、いたかった、すごく気もちよかったなど、なっちゃんの感情が表れているところなんだ。

クリパルヨガでは、体験の中にある感情を大事に拾い上げる。

嬉しかった。

安心した。

少し怖かった。

体験から生まれた感情に、もう一度気づき、再確認するために。

先生の赤ペンはそれと同じだな~と思って、また改めて作文を眺めていた。

なっちゃんの先生、どんな先生なんだろうなぁ。

私が子供の頃に付けてもらった波線は、どうだったのかな~?

なにも気にしていなかったわ。

|

« 上手く言えない | トップページ | ちくちく »

コメント

masakoさん

ホント~~

私、近頃自分が作るスコーンに関しては、はなまる大盤振る舞いします。
このスコーン美味しいわ~最高やわ~私ってすごいわ~と。
でも、本当に必要な時にはなまるをあげてないかな…。
そして、人からもらうはなまるを上手く受け取ることができないこともあります。
だから、はなまるは"ありがとう"と笑顔で受け取りたいと思っています。

投稿: みわ | 2012年2月26日 (日) 19時48分

大人になると、なかなかはなまるはもらえませんよね。
失敗や間違いのチェックは、しょちゅう自分でつけますが…。

人にも自分にも、毎日ちゃんとはなまるをつけるって必要なことだなあと、最近思うようになりました。

投稿: masako | 2012年2月26日 (日) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/44221591

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ペン:

« 上手く言えない | トップページ | ちくちく »