« お知らせ | トップページ | ただいま »

2012年7月 4日 (水)

古本市で灰谷健次郎さんの「わたしの出会った子どもたち」を見つけた。そして、読みながら号泣した。

これを読み終えたら、今度はもう一度灰谷さんの「太陽の子」を読み返したくなって、家の本棚を探した。

やさしさって何だろう?そんなことを考えさせられる本。

自分のことを振り返って、自分の弱い部分を突かれる感じがする。

読み終えるまでもなく、読みながらこれほど”考えさせる”本ってすごい。

涙も鼻水も流れて流れて。止まったと思っても、また流れ出す。

 

最近、よく泣く。

悲しいこと、嬉しいこと、くやしいこと、言葉にならないこと、涙は色んな気持ちで流れてくる。

いずれの気持ちでも、その気持ちが強い時に何か話そうとすると泣いてしまいそうな声になる。

大きくなった気持ちを外に出そうとすると、泣きたくないけど、自然と体の中が震え出して、話す声まで震えてくる。

泣いてるんじゃないのに、声だけ震えてくるんですと言い訳したい気持ちになるけど、そのまま話し続けると泣くことになるので、多分泣きたい気持ちということなんだ。

でも、こういう時の多くは少し我慢する。

それが、ひとりであれば、気にせず泣く。

泣いている間に、泣きたいなら泣こう!って気持ちになってくる。

それだけで、少しすっきりする。

ヨガをしていて涙が出ることがあるけど、そんな時も流してしまう。

すると最後はニヤッと微笑んでいる。

そう思うと、涙が出るならそれに任せていたほうがいい。

少し前のこと、膝を立てて泣いていると、子供の頃を思い出した。

台所の隅に隠れてひくひく泣いていた。

あの頃から何も変わっていないのかと思うと、私って弱っちいなーと思った。

そうか、私は弱いんだ。

私は強い、大丈夫、できる…最近こんな思いが多かった気がする。

ただ言い聞かせてたのかな~

妙に納得して、弱いとただ認めてみた。

その瞬間に、私は強くなった気がした。

この感覚をどう伝えてたらいいのかわからないけど。

|

« お知らせ | トップページ | ただいま »

コメント

エアロさん

コメントありがとうございます。
私もある時期、私には涙がないんかな?と思うくらい泣いていませんでした。そうかと思うと、1年の半分以上を泣いて過ごしていた時期もありました。ほんと色々です。
でも、近頃は悲しいだけが涙ではない、色々な涙を感じます~


投稿: みわ | 2012年7月 5日 (木) 21時06分

泣かない、泣けない自分からしたら涙が流せる事を羨ましくも思いますが、自分の弱さを気付き受け入れる事が出来る人が、本当は強い人だと言うのは昔から感じてました(・∀・)イイ!

真っ直ぐな想い、伝わりますよ...。

投稿: エアロ | 2012年7月 4日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/46192404

この記事へのトラックバック一覧です: :

« お知らせ | トップページ | ただいま »