« ステージ1のクラス | トップページ | 青空クリパルヨガ »

2012年10月 5日 (金)

さかさま

子供の頃から逆立ちが好きで、おもむろにエィ!と部屋の壁に向かっていました。

大人になってから久しぶりに同じことをした時には、体が重くて、頭に血が上って、腕ががくがくして、なんだこれは?と思いました。

そして、ヨガと出会って…ヨガが好きになって…

ふと逆立ちをしてみた時、子供の頃のそれよりも上半身の力強さに驚きました。

上手くできたという訳ではないのですが、手のひらが床に張り付いて、その上に手首があって、更に腕がのびて、その上に肩があることを実感する。

そう、繋がっている体の中を、確かに力も繋がっていく。

なんとなくしていた遊びの逆立ちとの違いを感じた。

それから毎日練習しているかというと、していません。

逆立ちって急にしたくなるんです。

ヨガをしていなくても、急にエィ!と。

 

昨日は久しぶりにマットの上である逆転のポーズがしたくなった。

それが、久しぶりに勢いがついて、後ろへ脚が倒れていった。

どうなっていたかわからないけど、片脚が部屋に置いているゴムの木に突っ込んだ。

メキメキいわせながらも、なんとか両足がマットにつく。

これが不思議と新たなポーズになった。

いつも開きたいと感じている肩や胸が思い切りのびをしている。

怖いようで、怖くない。

落ち着いてみると、土台も強くて呼吸が深くなっていく。

妙な体勢になったけど、私はうきうきしていた。

倒れてしまうことを怖がる気持ちはどこかにあったけど、本当に倒れた体験は怖いだけじゃなかった!

なんだかうれしくなった。

|

« ステージ1のクラス | トップページ | 青空クリパルヨガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/47323592

この記事へのトラックバック一覧です: さかさま:

« ステージ1のクラス | トップページ | 青空クリパルヨガ »