« 6~8月のクリパル紹介 | トップページ | TYG 月礼拝 »

2013年6月21日 (金)

関西で初めて行われた集中コース『クリパル・ステージ1~3』が終わった。

明日からは京都で同じ内容のプログラムが3週に亘って行われる。

そして、私はこのブログでステージのアシスタントを終えたことや、また始まるこれからのことを書くつもりにしていた。

でも、書けない。書いてみようとしたけれど、言いたいことは違う気がしたり、全然まとまらない。

今思うのは、私はクリパルヨガを伝えたいということ。それもちゃんと伝えたいという気持ち。私がクリパルから受け取っているものを、どうやって表現したらいいんだろう?

昔から伝えることや表現することが得意ではなかったけれど、それが今とても必要な気がする。苦手な状況から何歩も引くことではなく、隠れてうかがうことなく、そこにいること。その状況の中で何か発する必要が私にはあるような気がして。

苦手なことを無理にしようというよりは、私は苦手だけどしてみたくて、きっとできると思っていて、そう思っているとなぜか涙が出てくるようなとても大事なこと。

混沌としていても構わないから、大事なことと繋がっていたい。でも、リラックスしていよう。

生徒ではなくアシスタントで参加した私にも今何かが起きている。

ステージを終えた直後は、嬉しい気持ちが大半を占めていたけれど、そこから模索している今がある。

|

« 6~8月のクリパル紹介 | トップページ | TYG 月礼拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/52129703

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 6~8月のクリパル紹介 | トップページ | TYG 月礼拝 »