« 再び運転する | トップページ | かとり線香 »

2013年8月 1日 (木)

言い訳

「言い訳をしない」「言い訳をしたくない」「言い訳をするのはカッコ悪い」

小学生の頃からか、いつからか、そんなことを思うようになって、これまで思い続けて、それを良しとしてきた。

誰かに言われたことがきっかけなのかもしれないし、言い訳をする人を見てそう思うようになったのかはわからない。

いつからかそれが私の美徳になっていた。

でも、少し前のこと。

言い訳をしないことがただイイのではないと思ったことがあった。

相手に真実を伝えて話し合うことと、相手に真実が伝わることを諦めて、話しを終わらせることの違いを感じた。

私の目の前で、私が言わずに飲み込んだ事情を代弁してくれた人がいた。

本当は私が「だって…」と言いたかった言葉を、目の前の人は難なく声にした。

すると、周りにいた人達もそうなのかと納得して、そこで話は終わった。あっさりと。簡単に。

当の私はと言うと、嬉しかった。自分が言えなかったことを言ってくれたことと、本当のことが伝わったことで安心した。

そして、私にはその代弁者が、ヒーローに見えた。(後で聞くと、言ってくれた本人は何とも思っていなかったようだけど)

私が飲み込んだ言葉は、言い訳をしなかったのではなくて、伝えることを諦めただけだな。「まあいいか」って。生気がないな。

これまで、わかってもらえなくてもいいんだと、何度も諦めたことがある。本当はそうじゃないのにと思いながらも、訂正することに疲れて、それならもういいやと開き直るようになった。

でも、言い争って主張するのとは違って、ただ本当のことを伝えることは何も悪いことではない。それは言い訳じゃない。むしろ、それが真実。

もし、私の話し相手が諦めて話していると知ったら、私はきっと寂しい。

そして、諦めたワタシって、なんだかつまらない。

今日、そんなことを思い出していた。

言うことがいいのか、そうでないのか。
言ってどう思われるのか、嫌な奴だと思われるのか、
色んな臆病が声を上げないことを選ぶ。

同時に、どう思われてもいいやと諦めた自分がいる。

今の私には、諦めない人が輝いて見える。

|

« 再び運転する | トップページ | かとり線香 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/52683596

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳:

« 再び運転する | トップページ | かとり線香 »