« 3月のスケジュール | トップページ | 4月のマタニティヨガ »

2014年2月26日 (水)

子宮頸がん検診

30歳を過ぎた頃からか、私は2年に1回子宮頸がん検査を受けています。

いつも何事もなく終わっていたのですが、今回初めて再検査になりました。

更に、再検査で陽性となり、今度は精密検査を受ける為に大きな病院を紹介してもらいました。

初めての事だったので、ここまでくる間に、病院の先生からの説明に加えて、インターネットを使って子宮頸がんについて調べてみました。

私の場合は「軽度病変の疑い」という段階だったので、これが同じ年の内に「異常なし」となる場合も多いそうで、先生からもそんなに心配はいらないと思うけど念のために早めに調べておくといいと言われました。

通常であれば、精密検査は6か月後にするそうですが、私の場合は妊娠しているのでお腹が大きくなる前に検査をした方がよいということで、すぐ検査になりました。

2年に1度の定期検査は早期発見を目的に行うものとわかっていながらも、再検査と言われるとちょっと怖いです。でも、病気について知ることで少し不安は解消され、付いてくる結果に対してはそれを受け入れて必要なことをするしかないのだと、諦めというかちょっと吹っ切れます。

そんなこんなで、病変部位から細胞を採取して検査する「コルポスコープ診」を受け、結果は異状なしでした。異形細胞は見られないので一先ず大丈夫。出産後落ち着いたらまた子宮頸がん検査を受けるように言われました。

精密検査自体にほとんど痛みはないのですが、器具が当たる不快感と怖さと、何をされるのか分からない恐怖で体が硬直してうまく呼吸ができず、とにかくどっと疲れが出た検査でした。はじめの検査結果を聞いた時から精密検査を受けて結果を聞くまでの気持ちや時間を考えると、最後は本当にあっけなかったのですが、とにかく安心しました。
(そうそう、妊娠中は血液の量が増えるので、検査後の出血が多くなることがあり、場合によっては入院してもらうこともあると聞かされていたので、それも怖かったわ。)

長々書きましたが、子宮頸がんは進行が遅く、早期発見で治療を受けるのが確実な予防法らしいです。

イヤでも、面倒でも、子宮頸がん検診を受けよう!

|

« 3月のスケジュール | トップページ | 4月のマタニティヨガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/55149399

この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸がん検診:

« 3月のスケジュール | トップページ | 4月のマタニティヨガ »