« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月11日 (金)

薬の始まり

検査入院の退院時(2018年1月末)から薬を飲み始めることになりました。薬は2種類。
・エディロール ビタミンDを補給する薬
・メナテトレノン ビタミンKを補給する薬
副作用がないか等経過をみる為に、これからも大学病院に通います。

大学病院と並行して通っていた田熊整形外科では、更に圧迫骨折がないか、圧迫骨折痕に変化がないかレントゲンで診てもらい、異常がないことを確認してもらった後、骨粗鬆症者向けの腰痛体操を教えてもらいました。そして、重いものを持つことを極力控えるように、重労働時には必ずコルセットをつけるように言われました。(現在、子供を抱っこする必要がある時にだけコルセットを装着しています。)
これで一先ず、整形外科の通院は終わりです。(2018年2月頃が最終だったかな…)

骨密度はすぐに上がったり下がったりするものではないので、今後の計測は半年に1度くらいのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

整形外科と大学病院

2017年の終わり、「妊娠授乳期による骨粗鬆症、圧迫骨折」の新聞記事を持って、神戸駅近くの田熊整形外科へ。この整形外科は、私が20代の頃にもお世話になったことがあり、信頼できる先生だったので、受診することを決めました。

結果、レントゲンでは腰椎全てと胸椎2ヶ所の計7ヶ所に圧迫骨折痕が見られるということでした。そして、別の医療機関で骨密度を測ることになり、値は骨粗鬆症と言えるものでした。

そこで、更に圧迫骨折しない為に、採寸後コルセットをつくりました。そして、授乳も1歳2ヶ月でやめることにしました。(断乳はいい時期だったみたいで、私だけが寂しかったようです。)

田熊先生から、私の年齢でこのような状態になることを妊娠授乳期によるものだと決めつけずに一度大学病院で検査を受けた方がいいと言われました。そして、2017年12月末に紹介で神戸大学付属病院を受診しました。
検査の結果、更に詳しく調べてみないと解らないことがあるとのことで、改めて1週間検査入院することになりました。

検査入院では人間ドックに入ったかのように(入ったことはないけれど)、毎日あらゆる検査を受けました。歯科検査も聴力検査もMRIも、いろいろ。
それでも、悪いところは見つからず、結果「妊娠授乳関連骨粗鬆症」ということになりました。

これからの治療として、毎日自己注射で骨粗鬆症の薬を入れることも案に上がりましたが、私はビタミンDとビタミンK欠乏症があったことや、授乳をやめたということ、そして、この1年追加で圧迫骨折していないということから、まずはビタミンDとビタミンKを薬で補い様子をみることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ