« 整形外科と大学病院 | トップページ | 骨密度測定 »

2018年5月11日 (金)

薬の始まり

検査入院の退院時(2018年1月末)から薬を飲み始めることになりました。薬は2種類。
・エディロール ビタミンDを補給する薬
・メナテトレノン ビタミンKを補給する薬
副作用がないか等経過をみる為に、これからも大学病院に通います。

大学病院と並行して通っていた田熊整形外科では、更に圧迫骨折がないか、圧迫骨折痕に変化がないかレントゲンで診てもらい、異常がないことを確認してもらった後、骨粗鬆症者向けの腰痛体操を教えてもらいました。そして、重いものを持つことを極力控えるように、重労働時には必ずコルセットをつけるように言われました。(現在、子供を抱っこする必要がある時にだけコルセットを装着しています。)
これで一先ず、整形外科の通院は終わりです。(2018年2月頃が最終だったかな…)

骨密度はすぐに上がったり下がったりするものではないので、今後の計測は半年に1度くらいのようです。

|

« 整形外科と大学病院 | トップページ | 骨密度測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/73468107

この記事へのトラックバック一覧です: 薬の始まり:

« 整形外科と大学病院 | トップページ | 骨密度測定 »