« 腰の調子は | トップページ | 腰の調子は »

2018年10月19日 (金)

ヨガセラピーを受けて

友人である鈴木千絵ちゃんのヨガセラピーを受けた。
そして、やっと私は私とつながることができた。
 
体調を崩してから毎晩しているヨガは体を強くしたかったから。強くなっていくことは嬉しかったし、痛みが出るところは腹立たしかった。私が好きだったヨガの時間とは違うと気づいていたけれど、その時の私はこうするしかないと思っていた。体を強くして、お腹を強くして、脚を強くして、早く痛みのない体になりたかった。
 
ある晩、夫と話をしていて
私は「この体が大嫌い!」と強い声で言った。
言ってすぐにわーっと涙が出た。
ずっと思っていたことを大声で言ってしまった悲しさ?なんと言えばいいのか。泣いて少しすっきりしたけど、私の内が何か変わることはなかった。
 
「ヨガセラピーを受けたいな」
心からそう思っていた。
息をしているようで息ができない。
私は自分が嫌いで、人が嫌い。
自分の体を愛おしく思えないのに「ありがとう」と言ってみる、「ごめんな」と言ってみる。
このままでは楽しく育児なんてできないな、もっと笑いたいなと思った。
 
約1時間のヨガセラピーを受けている間、多分私はずーっと内側に意識を向けていた。
ちえちゃんからの問いかけやサポートを受けながら、体に起こる感覚、自然と生まれる気持ち、湧いてくるものを一つも逃さないで感じていた。ずっとそうしたかったから。
感じたことや思いに蓋をすることなく言葉にしてちえちゃんに伝える。それと同時に私の耳も私の言葉を聴く。するとまた感覚が変化することに気づく。感情が湧き出たり、涙が流れたり。
自分の中で起きていることは全て「今」真実で、私は私と繋がっている。誰かに教えられたことでも、言われたことでもなく、私は私を知る。久しぶりに体と繋がっている嬉しさと、自然な呼吸ができる喜び。体に「ありがとう」って感じている喜び、あたたかさ。
 
このセラピーを受ける前に、私は普通に呼吸がしたいと言った。私は口だけではなく心から私の体に「ありがとう」「ごめんな」って言いたい、思いたいと言った。
そして、セラピーの中で私はこの両方を受け取った。 
 
今でも、夜寝る前にセラピーの体験を思い出すように、座って目を閉じて中を感じてみる。
呼吸できてるなって伝わる。
それだけで嬉しい。
 

|

« 腰の調子は | トップページ | 腰の調子は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262799/74376846

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガセラピーを受けて:

« 腰の調子は | トップページ | 腰の調子は »